結果はどこからでもやってくる

やっほい、tossyです。

前回の記事【願望サイクル】に入ることで身に起こる1つ1つの出来事が全て自身の願望に近付くきっかけであり、突然に思いもよらぬイベントが起こることがあります。そこで1歩踏み出せたら叶うのに踏み出せない(踏み出さない)のが僕なんですけども・・・そうですヘタレです(うるせー!)

詳しくはこちら↓

身に起こること・イベントってゆうのは、すなわち【結果】ってやつです。これがややこしいと言いますか、結果に対してややこしくしてしまうんですよね。原因は【常識】とか【経験】とか知っていることでしか物事を考えられないことだと思うんですけど・・・さらにややこしいのは、結果ってゆうのはどこからでもやってくるしタイミングも自分が【無意識】で望んだ日々の積み重ねの中なので分からないんですよ。分からないと言うか気付けない感じですね。でも無意識で思ったこと感じたことは確かに現実で結果となって起こります。

例えば「今の環境を変えたい」って願望があったとして、そのために

・仕事を変える

・引っ越す

・新しいことにチャレンジする

とか、まずは具体的に出来る・出来そうなことが思いつくと思うんですけど・・・経済的な面や勇気が出なかったり、実際にはそこまで変わりたいとも思ってなかったりで、結局何もしない(出来ない)ってゆう結果に辿り着いてしまっては中途半端に「環境を変えたい」と思ったままの日々が続いてしまう・・・みたいな。かつての僕がそうでした。

こうなってしまうのは【結果を自分で決めている】からなんです。環境を変えるための色んなことが他にもあるんです。その前に思わぬ収入が入ったり、場所や外観が理想ピンズドの物件を見つけたり建設されてたり、我慢の限界を越えてくるようなことが起こって出来る(やる・行動する)可能性もありえる訳です。本当にタイトルの通り、結果はどこからでもやってくるので「こうなるためにはこうしなきゃ」って思っちゃいけません。夢や目標は望んで、起こる結果は望まないです。

願望サイクルの中で結果まで決めたことが無意識に入ってしまうと、その結果だけにエネルギーが使われるので、仕事を変えるんだと思うと仕事を変えるしかなくなります。それがそもそもの望みならそれでいいんですけど、何だったらそれぐらい追い込まれる方が個人的には燃えますけど(笑)

レンジは広い方が単純に時間がかからないですね。それに、仕事だけが全てじゃないかもしれないです。自分の環境よりも大切な何かに出会ったりすることもあるかもしれません。自分1人では分からない・気付けないことに気付かされた時には、そもそもの「環境を変えたい」とゆう願望が正解かどうかも考え直さなきゃいけなくなります。何が起こっても不思議じゃないし、むしろ逆に何でも起こりえます。宇宙は無限です。

フォーカスは結果ではなく願望です。1番大事なのは「自分が何を望んでいるのか」。望みを叶えるためにどうすればいいのか・・・それは出来ることがあってそれをやりたいのならやるべきです。しかしちょっと無理しようとしていたり、叶えるためにはこうするしかないと思っているのならそこはもう考えない方がいいです。結果じゃなくて願望だけを見つめて下さい。不意打ちで思いもよらぬところから結果が飛んでくることがあるので、その時に備えて未来の自分を知っておきましょう。

それと、日常から行動力は身につけときましょうね・・・幾度もチャンスを逃してきたヘタレからのアドバイスです(ほぼ自分に言っています(笑))

PVアクセスランキング にほんブログ村

↑ランキング参加しています。ポチっとよろしくお願いします。