【意識無意識】タイムラグを最初から知る【願望サイクル】

やっほい、tossyです。

願いや理想が今すぐにドン!とはならないですよね。そうなっている感覚やメンタルにはすぐになれることもあるんですけど、分かりやすい結果ってゆうのはまぁ時間が・・・かかるってゆう言い方はしたくないですが、まぁタイトルの通りタイムラグがあります。って言っちゃってますね(笑)

で、【最初から知る】とはどうゆうことかって事なんですけど、「今望んだことは叶うまで時差がある」と理解して願うと言いますか、その上で願望を掲げるんです。今の望みは今すぐには叶わないと【分かっておく】ことです。でもそうは言われても意識してしまうじゃないですか、だって叶えたい夢目標があるのにそれを無視して日常を過ごせと言われても・・・ってなりますよね。

じゃあどうすんのって話なんですが、ズバリ【願望は多く持つ】ことです。

最初に今叶えたい願望を今掲げて、でも叶うまで時間がかかることをその時点で認めるんです。その願望を持ったまま次に2つ目の願望を掲げます。そしてその願いを叶えることを意識して過ごしていっていると、なんとその期間は最初に願った、時間がかかると認めた願望に近づいているんです。

2つ目を意識していることで1つ目のことが無意識に入っていくと言いますか、結局頭で考える意識(顕在意識)よりも無意識(潜在意識)の方で生きているからです。頭で考えることを具現化するには分かりきっている様々な行動が必要になり、その過程で目に見える現実的な世界に時にウンザリしてしまうと、そこからもうウンザリの世界に引っ張られてそこに体力や精神力を持っていかれたり・・・目標に向かって真っすぐにエネルギーを使えないんですよね。

でも無意識だと、無意識なので自分は気付いていないんです。でも自分の無意識の中では意識しているんです。自分の知らない空間で自分のエネルギーは自分の目標に消費されています。なので自分が無意識で何を思っているか、それは自分の現実が答えと言えばそうなんですけど、頭で考えていることの行動も現実に反映されているので一概には言えないです。細胞レベルでの自身の全ての思考と感情が行動を生み、それが結果になっている、みたいな・・・そうゆう感じです。うーん複雑ですね・・・。

そして気をつけなきゃいけないのは、1つ目の願望を叶えるために掲げた2つ目の願望はダミーや適当ではいけません。1つ目の願望が叶う頃、もしくは叶う時、時間は当然進んでいて自分の現実は変わっています。その時にはもう次の願望や欲求が生まれているので、それを頭で意識している間に今度は2つ目の願望が無意識に入ります。もう分かりますね、次は2つ目の願望に対してエネルギーが向くので、自分は無意識でそれを叶えようとします。それが最初から雑だったら雑なまま叶っちゃうので、潜在意識では無意識なのでどうしようもないけど、自身の願望には思考の顕在意識でも本気でなきゃいけません。

まずは2つの目標を掲げて1つ目は放置、2つ目を叶えるぞと意識しながら過ごす。

慣れてくると願望をグルグル回していきながら日々を過ごす中で、身に起こった出来事はその願望に近付いたと受け止めれるようになり、そうやって過ごしていると完全に忘れていたことを思い出させる現実が突然にやってきます。その時は本当にビックリするんですが、確かに自分がその昔望んでいたことなんですよ。無意識の賜物です。そこでどうするのかはその時の自分次第なんですけど、僕はいつも何も出来ず・・・です(涙)でもこの願望のサイクルに入ると「今がチャンスだ」ってゆう時が分かるので、後は勇気とか行動力とか、そうゆうところですね。

それが欠けているわたくしでございます(涙涙涙)

ちょっとダラダラと長々と止まらなくなったので、またニュアンスを変えたこのテーマのお話が出来たらいいなと思っています。

PVアクセスランキング にほんブログ村

↑ランキング参加しています。ポチっとよろしくお願いします。