持ち物と自分が合ってきた

やっほい、tossyです。

タイトルの通りなんですが持ち物を変えたり新調したり、ちょっと良いものを使ったりしている中で、何だか少しずつその持ち歩いている・愛用している持ち物に相応しくなってきていると感じています。

特に最初に財布をハイブランドのルイヴィトンにして「この財布から自分は経済的に豊かだ」と決めて、そんなハイブランドの財布を持つに相応しい自分で居ることを日常的に意識するようになってから臨時収入が入ったり仕事を頂いたり、まず仕事が好調で・・・そしてそもそもでお金を触ることが増えました。いつからかお金に対して「日常生活に差し支えがないぐらいに持ってたらそれでいい」ぐらいの思想だったんですが、その当時の思想では考えられないお金が今はそのルイヴィトンの財布に入っています。まぁ使いませんけども(なんでやねん)

ちなみにコインケースなので小銭入れ用として買ったんですが、貼った記事にも書いているポーターのコインケースをそのまま愛用し続けていて、このルイヴィトンがコインケースだけどメインの財布として愛用しています(このくだり誰が興味あんねん)

そしてルイヴィトンとの相性に手応えを感じキーケースも新調。キーケースが欲しくて別に何でも良かったけど大奮発。そのルイヴィトンをポーターのかっちょいいカバン(ウエストバッグ)に入れてます。

外出の際の足元はお気に入りのグラベラのスニーカーにちょっと良い靴下屋さんの靴下で。外に出るのも悪くない、と思えるようになっています。そして実際に外に出れば素敵な出会いがあり、知らない景色もあり、皆それぞれの場所でそれぞれの人生を、今日とゆう日を生きている当たり前のことも強く痛感。自分も頑張っていかないとな、なんて思いモチベーションが上がり仕事にも精が出ます。

そんな日々を過ごしているうちに、最初は大事に扱っていた持ち物にも慣れてきて、高いモチベーションも今や当たり前になっています。結果が出た日も出ない日も・悔しい日も清々しい日(きよきよしい)も・嬉しくても辛くても一喜一憂することなく自分のやることとやらなきゃいけないこと・やりたいことに集中することが出来ています。その果たすべきことがその持ち物達を持っている自分に相応しい行動なので。

こうなる前は本当に、家で何する訳でもなくお菓子食べながらYouTubeでも見て過ごしていたので時間なんて有り余っていたんですが、今は時間がもっと欲しいと思っているぐらいです。常に【未来の自分】にアンテナを張っているのでまだまだ欲しいアイテムはたくさんあるし、やりたいことも尽きません。

更なる高みを目指して、未来の自分のために日々を懸命に精一杯生きています。いつどうなるやら分からない世の中でとても充実しています。

ひょっとしてそれが1番の贅沢なのかもしれないですね・・・。

PVアクセスランキング にほんブログ村

↑ランキング参加しています。ポチっとよろしくお願いします。