残るのは【本物】

やっほい、tossyです。

人生が変わる時に現実に起こる変化として、まず自分の内側が変わってその後に出会いや別れがあるとお伝えしました。それは対人間だけではなくて趣味なんかも変わるので色んな人・色んな物事が離れたり無くなったり居なくなったりします。逆に引き寄せた縁や環境などが生み出す新たな出会いももちろんあります。

そんな行ったり来たりの出会いと別れの中で、タイトルの通り残るのが自分にとっての【本物】です。残ったのが本物・残したものも同様に本物です。もっと言えば今がまさにそうです。今、自分の側に居る人、例えば職場の同僚や先輩後輩・家族や身内・恋人や友達は自分にとっての本物です。好き嫌いは関係ないです。例えば嫌いな人が居たとしても、それを分かってそこに身を置いているのは自分自身なので。ちょっと酷な言い方になってしまいますが、その嫌いな人との引き合い・エネルギーの指している方向が同じなので立派な縁です。

この本物の縁はとても流動的で、自分の【今】に存在してます。だからたとえ血の繋がっている家族であったとしても【今】の自分の縁と引き合わなければ顔を合わすこともなければ連絡を取ることもない、なんてこともあります。まぁ大体の場合は言うても親・家族なのでちょいちょい連絡は取り合ったり、今のご時世は微妙かもしれないですが、帰省なんかもしますからね。決して不仲や破門のようなことじゃなくても自分の縁の引き・エネルギーが指している方向の違いなので安心して大丈夫で心配しなくていいです。

ずーっと連絡を取ってないけどなぜか消せない連絡先があったらそれもそうですね。また、会う時はめっちゃ会うのに会わなくなったらとことん会わないような関係性、年に1度しか会わないけど逆に年に1度は会うような関係性もまた本物と言うに近いのではないでしょうか。

自分の感情や内側が整っていくにつれて、行く・目指す方向が決まっていくにつれて、波動・エネルギーが上がる下がるにつれて周囲が変わります。そんな自分の目指す方向(やり方や思想なども含め)が似たような人や、そんな波動・エネルギーが上下する自分に合致する人・物が残っていてそこにあります。

いやいやちょっと待てと、自分とは相反する・まるで性格が合わない人が居るぞと思うでしょう。それはある意味【突き抜けた縁】です。気が合わないから苦労するでしょうけども、縁は縁で無駄は一切ないです。自分とは相反する考え方の学びと受け取るか・反面教師とするか・そうゆう人も居ると割り切る或いは受け入れるか・・・理由は自分で決めればいいと思いますが、こういった話なので理由とか考えるのはちょっとどうかと思うので、「そんな人も居る・以上」ぐらいでいいんじゃないかなと思います(雑)

今側に居る人・側にあるものは全て自分にとっての本物です。自分の波動・エネルギーと合致しているんです。逆に考えたら、もう夢や目標に向かうのは言うのは簡単で、夢を叶えた自分の波動・エネルギーに合致していそうなものを持てばいいんです。だから【持ち物】は大事です。

でも人の縁は先でも言ってるように、流動的なので流れに身を任せましょう。関わる人を好き嫌いで決めちゃうと、今度は自分が好き嫌いで決められちゃうブーメランです。人を選ぶようなことをすると今度は選ばれますよ自分が・・・(恐怖)

人の持つ力は侮れないし侮っちゃいけません(戒)

PVアクセスランキング にほんブログ村

↑ランキング参加しています。ポチっとよろしくお願いします。