決断できない・決断力がないなら~目に映る全てのことがメッセージ~

やっほい、tossyです。今回はタイトルの通り決断に悩む人への・・・アドバイスと言うほどのことではありませんが;僕はこうしていますってゆうアプローチのお話です。僕はなかなかの優柔不断で、変な言い方をすると全て何でも良すぎて困るんですよね。絶対これがいい!ってゆう決まったことは勿論ありますが、そこに至るまで、もっと言えば1番最初の段階ですね。最初はマジで決められないです(汗)まして物も思想もどんどん増えてますからね。

そして何より究極を辿れば全て自分で決めれる訳です。責任と覚悟のもとならば、どこに行って何してもいいんです。自分で選んで自分で決めたことが自分の全てですから。些細なこと例えばお昼なに食べようかとか、新しい服を買うか買わないか・・・大きく見ればどんな人生を歩むか、やりたいことをやるのかやらないのか・やるならどの程度やるのか趣味なのかプロになるのか・・・全部自分で選んで決めればいいんです。

そんな訳で選択肢が無限択ある中で決められない・或いは、ある程度答えは出てるけど1歩踏み出せないならば、僕はサブタイトルに頼っています。

【目に映る全てのことがメッセージ】←これです。荒井由実(松任谷由実)さんの楽曲『やさしさに包まれたなら』のサビの1節ですね・・・魔女の宅急便だったでしょうか。楽曲でもあり名曲でもありますね。で、それがどうしたって話なんですが・・・

とは言えそのまんまで、目に映ることがメッセージだと受け止めています。

たまたま見ていたテレビやYouTubeでの誰かの発言・ツイッターやブログ・メールやラインなどで書かれていた言葉・入ったお店などで流れていた曲の歌詞・電話をしている他人様とのすれ違いざまに電話越しのお相手に喋った声など・・・自分が見たり聴いたりした全ては自分への何かしらのヒントになるってことです。【シンクロニシティ】ってやつですね・・・

あぁ最初からそう言えばよかった・・・今気付いたぁ(あぁ)

まぁ気を取り直して・・・、自分で決めれないことや決めれない時は他人の力を借りてます。1つ言えるのは、その決めれないことを意識しているとアンテナ張っている状態になるのでたくさんの正解や可能性を見つけ拾い過ぎてしまい、結局答えが出ないままになりかねないです。僕は過去にこのパターンがめちゃめちゃ多くてがんじがらめでした(涙)なので意識はせずに、今の自分で日常生活を過ごす中で反応した内容が自分へのヒント・メッセージかもしれないと今は思っています。

・YouTubeを観ていて、リピしたくなるぐらいおもしろいくだりの最後の演者の突っ込みのワード

・有線を流しているお店に入った時と出る時にかかっていた曲の歌詞

・複数人で話をしている人たちとのすれ違いざまに聞こえた(聞こえてしまった)ワード

↑個人的にはこうゆうところで得るヒントが多いですね。まぁそれをヒントとするか受け流すかは最終的に自分で決めるんですけども・・・悩み過ぎて手つかずになっている状況では結構参考になったりはします。

目に映る全てのことがメッセージですが、ひょっとしたら目ではなくて【音】の方が近いかもしれません。もし困ったことや悩めること・決断を出来ずにいる状況であるならば、一旦忘れて日常生活の目と音をよく見て聞いてみてはいかがでしょう。突破口が見つかるかもしれません。まぁ突破口そのものは見つからずとも、突破口のきっかけになる突破口は見つかるかもしれません。

以上、突破口でした(突破口)

↓ランキング参加しています。ポチっとよろしくお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村