気が合わない人が多いなら~自分のステージ・対処法3つ~

やっほい、tossyです。まぁタイトルの通りなんですが・・・ありますよね。職場なんかは特にこうゆう環境に出くわすと言いますか、「何でこの人達は・・・」って思うことが多くなってきたらそれは成長の証です。もうそこは自分の世界・ステージではないんです。イチロー選手が草野球参戦のようなものです。「もうここでは自分は出来る」とゆうことを認めて次のステージを意識してみましょう。

逆に「この人達凄い・・・ついていけない」って痛感させられたのなら、まずは自身の成長のチャンスと捉えてその環境にドップリ浸かりましょう。ここが我の生命と言わんばかりに分かるように、出来るようになるまでやる・分からない・出来なかったら世界の終わり、ぐらいのモチベーションで(大袈裟)それでもやっぱりダメだとなってしまったら、そこは自分の場所ではないですね・・・。

じゃあ環境を変えましょうって言ったって、何をどうすればいいか分からないですよね。例えば仕事なら「じゃあ転職だな」って簡単に出来ることでもないですし・・・。

結論としては【待つ】ですね。でもただただ日々を過ごして待つのではなくて【思いっきり意識して】待ちます。もうここは自分の居場所じゃない・このままここにはもう居られないと意識していると、時は来ます。その、やってくる【時】と言うのは、なにもその場所を離れることになることが起こると言う訳ではありません。まぁその可能性もありますけど。クビとか異動とか家庭か何かの都合で仕事そのものから離れなきゃいけないってゆうヘビーな理由かもしれないので覚悟です・・・。僕はそうゆう覚悟を持てるんでそれでもいいんですが、さすがにそうゆうのは勘弁だと思うのなら大事なのが

【待ち方】←これです。「もうここは自分の居場所じゃない・このままここにはもう居られない」と思った後に「まだこの身の能力を発揮していないステージがある」と思うんです。それを意識していると無意識でそうゆうことにアンテナを張るので、能力を発揮していないこと、つまり人の捉え方によっては自分に相応しくないと感じる情報が入ってくることになると思うんですが・・・

そこに自分のステージがあります。僕個人的には実際にそこにあったので確信しています。つまりなんぞやと言いますと、【その環境を理解していないと気が合わない人が多いと思わない】んです。言い換えれば今のその環境を知っているから・知ったから、そこからその環境に自分が適応するために・馴染むためにそこで自分が生き抜くための自分の価値観や思想・自論が生まれるんです。それがそこにいる他者とズレているんです。同じ場所で同じことをする・しているのにズレが生じてしまうのは【仕事上の経験の差】ではなく【生きてきた経験の差】なのです。

仕事への取り組み方・人との接し方・物事1つの捉え方ってゆうのは生きてきた繰り返しの中で形成された個性です。当たり前なんですが人には人の考えがあるんで十人十色、その人の思想はその人の全てなので【そうゆう人】と思うしかないんですよね。で、そうゆう人が周囲に多いと自分が感じているなら、仕事云々は関係なくてそもそもで違います。まぁ結果を出せば認めてくれると言うか態度が変わる人が居たりしますが・・・一旦そこまでは頑張ってみてもいいかもしれないですね。まぁ結果で態度を変えるってゆう都合の良い顔色を許せるかどうかってゆうのは自分次第です・・・。

ちなみに僕は許せます。人に認められることよりも自分が結果を出した・出せたことの方が喜ばしいことです。人の態度や姿勢を見るより自分を見て突き進みますよ。結果を出した自分を見つめて「よくやった・この調子でいこう」と声を掛けますね。最後に自分のことを分かってくれるのは自分しかいないと、そうやって孤独の道を行きます。そんな中で誰かが認めてくれたなら、孤独でも1人じゃないんだなと思えると人の温もりと言いますか、優しさを感じることができて波動が上がる・・・みたいな。そうなると波動が上がるまた何かを引き寄せてまた波動が上がって・・・の幸せのループに突入です。そうなったらもう人生豊かです。気が合う合わないとか忘れていると思いますよっ。

では最後に対処法を3つご紹介します。

1:転職

自分自身の更なる成長のために何も厭わない勇者は次のステージへ行きましょう。先にも書いているように待ってもいいし僕はそうしますが、動けるならその方が早いです。やはり自分のために行動出来る人はいつの時代も強いです。

2:キャリアに専念

誰と仕事しているかを考えずに自身のキャリアを積むことに専念します。そうするとキャリアと共に仕事へのエネルギーも蓄積されるので、そのエネルギーを放出した時に、現状とは真逆の人と仕事出来る喜びを感じる縁を引き寄せます。

3:奮発する

これは縁を引き寄せる方法でもあるんですが、気が合わない人と過ごす時間に自身の波動は下がっていると思います。なので自分にお金を使って波動を上げましょう。欲しいと思っていたものは買って、なんだったらちょっと奮発するぐらいがちょうどいいです。浅い言い方ですがそんな環境で頑張っている【自分へのご褒美】ってやつですね。そうして波動が上がると自分の気持ちも変わるかもしれないです。良い波動は良い波動を引き寄せます。周囲を見て下がるのではなく自分を見て上がりましょう。買い物をして新しい持ち物を持つのが1番手っ取り早いです。

↓ランキング参加しています。ポチっとよろしくお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村