転職・退職をする人へ

やっほい、tossyです。今回は仕事についてのお話です。こんな世の中と言うこともあり転職・退職を考えている人が多いようです。僕は縁もあって工場勤務から飲食店とゆう大ジャンプをしました。

縁が決めてくれたことだと捉えているのでその転職に迷いがなかったんですが、1人だったらなかなか決めれずにズルズルとグダグダとしていたんじゃないかなと今にして思います。そんな訳で転職・退職を考えている人が次の仕事にスムーズに行けるようにと祈りを込めて・・・。1番大事なのが転職や退職をする・・・

【理由】←これです。これが分かっていればある程度の迷いが消えます。漠然と辞めたいと思う気持ちもすごく分かるんですがその理由を掘りましょう。それを知れば、後はその理由に応じた仕事を探せばいいだけです。いくつか例をあげます。

1:人間関係

人間関係で悩んでいて転職・退職を考えている人は今の環境が合ってないだけで仕事そのものの話ではないですよね。つまり・・・

【同業】←これです。同じか、或いは似たような仕事にチャレンジしてみては。営業なら営業、飲食なら飲食、技術職なら技術職と言った具合で。まだその仕事や作業への自分の能力と言いますかポテンシャルを諦めないで欲しいです。また、その仕事の経験がまだ浅いまま人間関係に思い悩み辞めるのも、同様に諦めるのは早いです。環境が整えばその仕事で大化けする可能性があります。人間関係なので【仕事】はまだ関係ないはずです。

2:お金

「給料に不満がある」「割に合ってない」等の理由の場合、仕事が出来るからそういった思考になるんだと思います。拘束時間が長い場合は話が別なので次で書きます。ここでは平均的に仕事をしている中での給与への不満の場合です。その場合は辞める必要ないと思います。せっかく仕事は出来るのにその身に着けたスキルを捨てるのは本当に勿体ないです。続けましょう。じゃあどうすんのって話なんですが・・・

【副業】←これです。今している仕事はもう当たり前として、副業にチャレンジしてみましょう。僕は店長になる前の従業員だった頃に副業でアフィリエイトに取り組んで、それが楽しくて本業を辞めたくなったんですが続けた結果、店長となりました。給与に不満があると思えるぐらいに仕事が出来るそのスキルが1番の財産なので、お金を理由に辞めるのは踏みとどまって欲しいところです・・・。

3:時間&体力

「拘束時間が長い」とか逆に「稼ぐためにもっとやりたいのに働かせてくれない」と言った時間の理由で辞めたいのなら、正直それはもう辞めた方がいいです。限りあるこの命と時間です。そして体力的にキツくて辞めたいのも同様です。体が資本なので、どうかご自愛ください。そんな2つの理由で転職・退職を考えているなら・・・

【畑違い】←これです。今していることとは全く関係ないこと、或いは、自分がやったことないことにチャレンジしてみては。知ってる人からしたらキツいと言われる仕事でも無知故にそれが普通なんだとゆう認識で取り組む、更に今のキツさに耐えてきたので【しんどい】とゆうことを知っています。なので畑違いの仕事でも今よりマシだったら自分に体力はあるので、早々に突き抜けることが可能です。

4:特に理由もない精神的な場合

↓これを読んで、もうちょっと頑張ってみませんか・・・。

↓ランキング参加しています。ポチっとよろしくお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村